facebook

ABOUT

外観写真

外観写真

グリーン・ネイバーフッド

皆さんは住む街にどんなものが必要だと思いますか?サウスウッドのコンセプトは「グリーン・ネイバーフッド」。聞きなれない言葉かもしれませんが、これは次世代型の「新しい商店街」なんです。友だちやご近所の皆さんが集うカフェ、地元のものが手に入る店、家族みんなが学べる場所・・・。用事がなくても立ち寄れる、そんなネイバーフッド(地域)の皆さんに愛される施設を目指します。

路面店感覚の店舗配置

センター南駅側から建物南側へ抜ける通路とすきっぷ広場から建物中央吹き抜けを結ぶ通路の2つの通り抜け動線を配置することで、オープンモール型の賑わいのある路面空間をつくりました。 建物西側のすきっぷ広場に面した空間とあわせ、個店が集合した路面店感覚の店舗配置とすることで、街の賑わい感を楽しみながら日常的な買い回りを楽しんでいただけるようにしています。

耐火木造を採用した大型商業建築

サウスウッドは、「持続維持」の視点により海外事例や国内事例を研究し、その中でいまだ実用化されていなかった(株)竹中工務店の耐火集成材「燃エンウッド」の技術にいち早く着目しました。 CO2の削減、建材の国産化、日本独自の「木の文化」の再構築などの視点から木造を検討し、新しい持続可能な商業施設の実現を試みました。 建物のデザインに効果的に木を用いており、空間には木のあたたかみを感じていただけるでしょう。これまでは法規的に木造での大規模建築は困難でしたが、集成材内部にモルタルの耐火層を設けることでサウスウッドは木造化が可能に。木造化によって、建物全体で約1400トンのCO2削減※に貢献します。

※総鉄筋コンクリート造の建物と比較した場合、建物供用期間を50年間とした場合に削減できるCO2(部材製造時のCO2)削減/木材中へのCO2固定化/部材として伐採された森林に新規植林した場合のCO2吸収)の合計を試算。

COPYRIGHT (C) SOUTHWOOD ALL RIGHTS RESERVED